ラベルと併用で超便利!Gmailのフィルタ機能

最終更新: 2019年4月11日


こんにちわ、おかじです。


今回は前回ご紹介した「ラベル」機能と併用する事でとても便利にGmailを使う事ができる「フィルタ」機能を紹介したいと思います。


フィルタ機能は設定したルールに則ってラベルや各種処理を行うことができる機能で、特定の相手からのメールにラベルを付けたり、特定のキーワードに反応してスターを付けたりと、受信時の振り分けをお好みでカスタマイズできる機能です。

こういった整理を自動で行うように設定することで、重要なメールの確認漏れ防止や、検索性の向上を図ることができます。


フィルタが行う操作は、受信後のメールにも任意で行う事ができるので、いつ設定しても安心して使う事ができます。




フィルタの作成

フィルタを操作するには設定画面に入る必要があります。

設定画面ではレイアウトなどの様々な項目を操作できます。

右上の歯車アイコン→「設定」へと進みます。


※前回この設定画面はPCでしか入ることができないと書きましたが、モバイル端末からデスクトップ版のGmailにアクセスする事で一応設定可能でした。

操作はPCの方が楽なので、PCが無い方などの緊急避難としましょう。



次に「フィルタとブロック中のアドレス」→「新しいフィルタを作成」に進みます。

ここからフィルタを作成できます。


「新しいフィルタを作成」を押すと画像のような画面が表示されます。

ここに表示される内容でフィルタ条件を作成します。



From:

送信”元”のメールアドレスを指定できます。


To:

送信”先“のメールアドレスを指定できます。

(自分が複数アドレスを運用していると便利)


件名:

件名に含まれるキーワードを指定


含む:

含まれるキーワードを指定


含まない:

含まれないキーワードを指定


サイズ:

メールサイズを指定


添付ファイルあり:

checkで添付ファイルありメールをフィルタ


チャットは除外する:

checkでチャットを除外


*尚、検索には演算子も利用可能です。一つのフィルタで複数のアドレスを指定したり、and演算子で条件を更に絞り込む事もできます。



条件設定が完了したら「フィルタ作成」で実行する操作設定へ、

「検索」で検索結果を確認できます。

*検索バーの▼ボタンを押すと設定画面が再表示されます。



前項の「フィルタ作成」を押すと上記の画面になります。

ここではフィルタしたメールに対する操作を設定できます。


設定できる内容は以下。


・受信トレイをスキップ (アーカイブする)


・既読にする


・スターを付ける


ラベルを付ける

  →任意のラベルを付ける事ができます


・転送する


・削除する


・迷惑メールにしない


・常に重要マークを付ける


・重要マークを付けない


適用するカテゴリ

  →個人・ソーシャルなどのカテゴリを付けられる


●件の一致するスレッドにもフィルタを適用する。

  →すでに受信しているメールに対する操作有無


設定が完了したら「フィルタを作成」ボタンで設定完了です。


これで次回からのメールは自動で振り分けされ、検索も容易になりますね。


フィルタはいくつも作成する事が出来、作成したフィルタは設定画面から確認・編集する事ができます。


ルーチンワークの自動化は設定作業が少し大変ですが、それが終われば大幅に労力を減らすことができます。メールが品雑で見づらいという方は是非試してみてはどうでしょうか?


日本長野県北安曇郡松川村5411番地1

​株式会社クラウドサポートシステム

【クラサポ】

TEL : 0261-25-0054

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Tumblrの - ホワイト丸
  • Google+の - ホワイト丸

© 2017 - ネットコミュニティーで作成されたホームページです。